葬儀に関するざっくりガイド

これからの葬儀のかたち

一般的に葬儀といえば宗教や葬儀形式、儀礼が伴いますが、最近では特定の宗教の形式にとらわれない無宗教葬と呼ばれる葬儀が行われるようになってきました。
無宗教葬は自由葬とも呼ばれ、自由なデザインと演出で故人を弔う形式となっています。
例えば、焼香の代わりに献花を行ったり、思い出のビデオを流したたり、故人の好きだった音楽を流したりできるそうです。
また、死んだ後は海や山など自然に還りたいと望む人も増え、その希望に対応した自然葬と呼ばれる葬儀があるようです。
自然葬にもいろいろと種類はありますが、日本で一般に行われているのは、遺骨を墓地に埋葬するのではなく、海や山にまく散骨と、墓石の変わりに樹木を植えて埋葬する樹木葬があります。
現在、日本の法律で散骨についての規定はなく、手続きにおいても特に必要な届出や書類もありません。
だからといって好きな場所に勝手に散骨していいのか、という事にはなりません。
法律はなくとも節度をもって行わなければなりません。
つまり、散骨する遺骨はきちんと粉砕しなければならない、海水浴場や養殖場、山や森など他人に迷惑がかかるような場所では散骨してはいけないということです。
散骨の手順としては、まず散骨をする前に、後でトラブルになってしまう可能性があるので親族などの同意を得ておく必要があります。
その後散骨する場所を決めます。
故人にゆかりのある場所など具体的にいくつか考えておきます。
特に海へ散骨する場合は船などの交通手段を確保しなければなりません。
なお、個人で遺骨を粉砕して散骨するのは難しいので業者に依頼するほうがよいです。
樹木葬は、墓石の変わりに樹木を植えるので自然を壊さない、自然に優しい埋葬形態です。
樹木葬は、散骨と違い墓地として許可された場所でしか行うことができず、通常の墓地と同様に埋火葬許可証が必要になります。
日本では行われていないが、海外ではこの他に、遺体を洞窟や崖、野原などに放置し風にさらすことで風化させる風葬や、遺体を肉食性の鳥に食べさせる鳥葬、遺体を海や川に流したり沈めたりする水葬、遺骨をカプセルに納めてロケットで宇宙に打ち上げる宇宙葬といった葬儀があります。
宇宙葬の場合は、日本でもある会社でバルーン宇宙葬というバルーンに特殊な方法で遺灰を詰めて大空に飛ばし成層圏付近でバルーンが破裂し自動的に散骨する方法が行われているようなので興味があれば全国エリアで受付しているようです。
このように埋葬方法にも様々なやり方があるので将来の為に自分の葬儀スタイルの参考にしてみてはどうでしょう。

葬儀などを今から調べるならココ

Copyright (C)2017 葬儀に関するざっくりガイド All Rights Reserved.