葬儀に関するざっくりガイド

葬儀社の種類について

家を買うときでも、車を買うときでも、家具を買うときでも事前に何軒か検討したり、試乗したり、寸法を測って合うかどうかを調べますが、葬儀社というのは誰か亡くならなければ依頼することはないし、いつ誰が亡くなるかというのはわからないので事前に調べておくという機会はほとんどありません。
葬儀社をやるには、行政庁の許可や認可は全く必要がなく、誰でも始めることができます。
葬儀を行う業者には、専門に葬儀を行う葬儀社や互助会、JA、生協があり、一部の自治やホテル、ブライダル業や仏壇店など様々な業界からの参入があったりするので、利用する際はそれぞれの形態など知ったうえでいい葬儀社を選ぶことが大切です。
しかし実際亡くなってから短時間でいい葬儀社を見つけることは難しいので、やはり事前に葬儀社の形態や特徴を調べておくことが重要となります。
専門に葬儀を扱う葬儀社は、ほとんどが少人数で営んでいる小規模企業であったり、各都道府県に多数の事業所を持つ葬儀社などがあったり、セレモニーホールなどの斎場を持っている葬儀社と持っていない葬儀社があったりと様々なタイプの会社があります。
長くその地域で営業している葬儀社ならば地域の習慣にも詳しくて便利かもしれません。
互助会は、会員が毎月一定の掛け金を積み立てて、その積立金をもとに葬儀を施行してくれる民間の営利団体です。
一度に高額な費用を準備しなければならないという負担を減らすことができます。
しかし積み立てといっても、全ての費用がまかなわれるわけではなく追加料金がかかる場合があり互助会の業者によってサービス内容に違いがあるので、契約する際は、契約書や規約をよく読んでから契約する必要があります。
JAも生協主に組合員を対象にしたサービスで、提携している葬儀の専門業者に仕事を依頼する場合と、独自にサービスを提供しているところもあります。
共済は一般的に入会金を払って会員になると、葬儀費用が割り引かれるというシステムで複数の葬儀社や互助会がネットワークとして運営していたり、他業種と提携して特典をつけたり、保険会社と提携している場合もあるようです。
また、病院指定の葬儀社というものもあり、病院と搬送契約を結んでいて、病院で死亡した場合に紹介され遺体を安置先に搬送します。
搬送してもらったからといって葬儀を依頼しなければならないということでもないですし、搬送を一般の葬儀社に依頼してもいいようです。
これら葬儀社の種類の中には悪質な業者もいるようなので、安いだけでなく質のよいいい葬儀社を見極めることがいい葬式を行うには必要なことかもしれません。

Copyright (C)2017 葬儀に関するざっくりガイド All Rights Reserved.