葬儀に関するざっくりガイド

お葬式の事前準備について

人が亡くなるときは急に亡くなる場合が多く、葬式などは事前に準備する時間はありません。
しかも亡くなった後は強いショックと悲しみで葬儀の手配に気が回らなかったりする中で葬儀の段取りをしてしまうと葬儀社のペースになり葬儀費用が高くつくこともあるようなのでできることなら事前にいい葬儀社を見つけておくことが必要です。
基本的に決めておくことは、喪主は誰にするか、遺体を安置する場所を自宅にするか斎場にするか、どの葬儀社にするか、お経はあげるのか、どこのお寺に連絡をしなければならないのか、お通夜や葬儀の日程や場所をどうするのか、予算はいくらか、遺影はどれにするかといったことがあります。
生前に故人から葬儀に対しての希望があればいいのですが、特になかった場合葬儀社を決める前にどんな葬儀をしたいのかを考えておくことも必要です。
葬儀にも宗教や規模によって様々な形の葬儀があります。
例えば、身内だけで葬儀を行うのか、故人の知人などたくさんの人を呼ぶのか、自由に演出できるような葬儀にしたいのかなどがあるので、身内で相談して希望する葬儀の形式にあった葬儀社を選ぶことが大切です。
葬儀社の中には、高額な費用を請求してきたり、葬儀社中心で葬儀を進めたり、対応が悪かったりと悪質な葬儀社もいるようですから気をつけなければなりません。
病院で亡くなった場合、葬儀社がまだ決まっていなければ病院側が葬儀業者を紹介してくれますが、いい葬儀社かどうかはわかりません。
料金も一般業者より割高であることが多いようです。
ですから、事前にいくつかの葬儀社の資料を取り寄せてサービス内容や費用、葬儀内容を把握し、また比較しておく必要があります。
全て葬儀業者任せにしてしまうと追加費用がかかってしまい見積もり金額より高い請求をされてしまう可能性があるので担当者との打ち合わせなどもしっかりとして、本当に必要な事柄なのかなど疑問に思うことがあればなんでも相談し、金額も細かく確認したほうがいいでしょう。
いい葬儀社は資料だけでなく実際に会って人柄を確認することも大切です。
インターネットでどんなにいい内容の葬儀について書かれてあっても、直接会ってどんなことでも丁寧に分かりやすく説明してくれたり、見積も明確に出してくれたり、契約を急かさず支払いまでの記述に余裕があるような葬儀社を選びましょう。
人生に一度の葬儀ですので故人のためにもトラブルなどなく平和に送り出してあげたいものですね。

Copyright (C)2017 葬儀に関するざっくりガイド All Rights Reserved.