葬儀に関するざっくりガイド

葬儀の種類について

人は誰でもいつか死んでしまいます。
そうなればお葬式を行いますが、葬儀には予算や形、規模によって、遺族やごく親しい人たちだけで見送る葬儀と遺族だけでなく故人を知る人たちとともに見送る葬儀、費用面でもお得な簡素な葬儀、形式にとらわれない葬儀など様々です。
葬儀について事前に調べておくといざという時に役に立つかもしれません。
葬儀は、遺族や親しい知人が中心となって故人の魂を送るために行われる儀式で、告別式は、友人や知人が故人と最後のお別れをする社会的な式典です。
本来は葬儀式と告別式は全く別々の式であるが、最近では「葬儀、告別式」として一緒に行われる事が多いようです。
葬儀の前夜、故人とごく親しかった人たちが一晩中故人に付き添い、最後の別れを惜しむ通夜という儀式があり、死亡日からお通夜まで日にちがあく場合は、身内だけで仮通夜を行うことがあります。
会社の社長や会長などが亡くなり、会社が主催として行う葬儀を社葬といいます。
運営や費用は会社が負担し大規模に行われることが多いので大きめの斎場を確保しなければなりません。
会社と遺族が合同で行う場合は合同葬といい、会社以外の団体が主催して行う場合は団体葬といいます。
有名人が亡くなった場合や社葬でたくさんの会葬者がいる場合や、年末年始に亡くなった場合に、親族や近親者だけで行う葬儀を密葬といいます。
これに対して、家族や親しい友人だけで行う10名や20名程度の小規模な葬儀を家族葬といい、経済的な負担が軽減され年々増加傾向にあるようです。
家族葬と同様に増加傾向にあるのが直葬です。
直葬とは、葬儀をせず火葬のみを親族や友人など限られた関係者だけで行うことをいいます。
火葬の際にお寺さんにお経を読んでもらうこともできます。
お葬式は本体、通夜、葬儀、告別式、火葬という流れで行いますが、葬儀に費用をかけたくない、親族や知人がいないなどの理由で簡素な直葬をする人が増えているそうです。
葬儀をしない場合でも搬送、納棺、安置、死亡診断書の提出、火葬埋葬許可書の取得、火葬は必要なので葬儀社に依頼することになりますが、通常の葬儀に比べると費用も軽減されます。
しかし、家族葬や直葬の場合、どこまでの親族や友人に知らせるかを慎重に決めなければ、知らされなかった人と後でもめる事になる可能性があるので十分に気をつけておきましょう。
どのような規模の葬儀でも故人への思いやりの心を持って送り出してあげることが大切ですが、参列してお別れを希望する友人や親族のことを考え慎重に決めましょう。

Copyright (C)2017 葬儀に関するざっくりガイド All Rights Reserved.