葬儀に関するざっくりガイド

葬式の夢占い

世の中には様々な占いがあります。
星座占い、動物占い、タロット占いなど数えたらきりがありません。
その中には夢占いというものがあります。
私たちが普段睡眠時に見ている夢の内容には意味があるものとしてとらえ、現在の心理状態や今度起こる出来事などを判断する占いです。
私が見た夢の中でよく覚えている夢は、空を飛ぶ夢です。
空を飛ぶ夢には、運気上昇または、現実からの開放など飛び方によって内容は異なります。
どんな内容でも夢をみるなら楽しい夢を見たいものです。
しかし時として自分や誰かが死んでしまった夢を見たり葬儀の夢を見たりします。
例え夢でもそんな夢を見た後の目覚めはいいものではありません。
夢で見たくないのが、身近な人の死や葬式の夢です。
私も今まで1回は見た記憶がありますが、起きた後はとても悲しい気持ちになります。
しかし、夢占いでは死の夢や葬式の夢は生まれ変わる、人生の新しい転機になるできごとを象徴していて結婚が近づいているという解釈をされるようです。
状況によって意味は異なりますが、自分自身が死んでしまう夢を見た場合、自分自身が大きく成長し新しく生まれ変わることを暗示しており、進学や就職、転職などのいい機会かもしれません。
しかしうなされるほどの夢の場合は、精神的な疲労感があることを意味していると言われています。
逆に自分が死んだのに誰も悲しんでくれない夢は、誰も自分の実力を認めてくれないという不安から見る夢のようです。
知人が死んでしまう夢の場合、その人との関係に変化が起こることを暗示しており、もしかしたら自分の心の中でその人との関係を解消したいと思っているかもしれませんし、逆に今よりもっと深い絆で結ばれるという意味かもしれません。
自分の親が死んでしまう夢は、自立心が強くなってきているので一人暮らしを始めるのによい機会といえます。
見ず知らずの人が死んでしまう夢は、ラッキーな夢で新しい出会いやよい人間関係、臨時収入があるなど金銭運の上昇を暗示するといわれています。
恋人が死んでしまう夢の場合、二人の関係になんらかの展開があり、それはうまくいくという暗示と別れが近づいているという暗示の2パターンになります。
また、葬式にただ出かけていくような夢の場合は、身内に子供ができる予兆かもしれないそうです。
このように、死や葬儀の夢のほとんどは幸運をもたらすといわれていますが、具体的過ぎる夢は正夢の場合もあるので注意しておいたほうが良いようです。

Copyright (C)2017 葬儀に関するざっくりガイド All Rights Reserved.